債務整理後に借金ってできるの?

債務整理後に借金をすることは可能ですが、「債務整理の直後」となると難しいです。
まずそもそもどうして債務整理をすると借金が出来なくなると言われるのかと言うと、これは信用情報の問題があるからです。
信用情報とはそれぞれの個人の借金の履歴情報であり、ここに債務整理の情報が記録されていると金融機関は「この人は過去に借金を踏み倒したことがある」と判断します。
金融機関からすると貸したお金を返してくれない人というのはお客さんではありませんから、貸したくないと考えるのが当然です。
個人がお金を貸すにしても、過去にお金を返してくれなかった人に対して貸したいと考える人はいないはずです。
よって「債務整理をするとお金が借りられない」という状態が作られるわけなのです。
ただこの債務整理の情報というのは永遠に記録されているわけではなく、5~10年ほどすればリセットされるのがポイントとなります。
債務整理が完了してから5~10年が経過したのであれば、その人の信用情報は普通の人となんら変わるものではありません。
そのためこのように時間を置けば債務整理をした後でも借金が出来るようになるわけです。
ただこれには例外もあり、特に債務整理の対象とした金融機関から借りるのは難しいことが少なからずあります。
これは債務整理の事実が信用情報だけではなく、その金融機関の顧客情報データベースにも記録されてしまっているからです。
信用情報を見て問題が無かったとしても氏名などに紐付けされた顧客情報データベースを見ると過去に借金を返済しなかったことが明らかになるわけですから、5~10年以上が経過していたとしても借りることはかなり困難になってしまうでしょう。
もちろんこれは金融機関各社が独自に作成するデータベースですから、他者に対して公開されることはありません。
ですがもし同じ金融機関から再び借金をしようとしているのであれば、それは難しいこともあるとして覚えておきましょう。